アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 生に絶望し、選ぶはずだった死への道。

    「捨てるんなら、寄越せ」

    踏み出した1歩は、天国への扉か、地獄への入り口か。

    「おまえの全てが俺のものだ」

    妖しく光る瞳に魅入られ、選んだそこは。


    この人、どSだ…。


    意地悪な男と貧乏少年の運命が交わる。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    誤字、脱字等、気づき次第修正します。
    見落とし、お気付きの点ありましたらお知らせください。

    R18ご注意下さい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    イラスト、コメント喜びます!
    お好きに描いてやって下さい。

    タグ付けありがとうございます。
    ご自由におつけ下さい。


    【表紙:白夜様】
    素敵な2人をありがとうございます☆

この小説の著者が執筆した他の作品

コメント

  • 蜻蛉のプロフ画像
    19/08/29 22:14
    >>零桜 零桜様
    お返事、たいっっへん遅くなりまして、本当に申し訳ありません(> <) コメントありがとうございます!
    翼の煽りっぷりも、火宮のノリっぷりも、楽しんでいただけましたか^ ^ まだまだ※が続きます(笑)だんだんお仕置きからイチャらぶになりつつありますが^^; お楽しみいただけたら嬉しいです♡
  • 零桜のプロフ画像
    19/08/20 21:55
    お久しぶりです!
    翼の火宮さん煽り上手くなりましたよね笑お仕置きなのに翼に煽られる火宮さん…もうニヤニヤが止まりません(✽︎´ཫ`✽︎)
  • 蜻蛉のプロフ画像
    19/07/27 21:01
    >>紫黒 時様
    初めまして^ ^コメントありがとうございます!
    絶対ちゃんと食べられませんよね(笑)でもそうです!火宮はちゃんと見極めて加減しているはずです!多分←
    本当、歪み切った愛ですけど(笑)
    どエロいですね^^; 読み直しで賢者モードに入って、滝汗流しているのは作者です←
  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

会員登録

この小説を通報する